新元号

元号が「令和」に決まりました。


今日(4月1日)も制定される5月1日も、新しい世の中の基礎を作り上げるための意味合いが強く強調されています。

個人的なやりとりの背景に流れる、地球規模太陽系規模の視点、精神性を備えて行かなければ、日本という国の行く末を図ることは難しいでしょう。

日本が新しく一新されることが、気になる人と気にならない人の差も大きくなるようです。

気にしても気にしなくても変わることは間違いないのですが、どのような意識で「令和」の始まりを迎えるのか。

ゆっくりと考えるひと月にして行きたいものだと思います。

初春の令月

「于時初春令月 気淑風和」万葉集巻五・太宰帥大伴の卿の宅に宴してよめる梅の花の歌三十二首

凛とした気高い月の下 皆が和み合う姿

人々が美しく心を寄せ合う中に文化が生まれ育つの意として「令和」となったようです。

詳しいことはまた調べてみますが、速報^^;

ψ(。。)

今日は

八白土星の年の一白水星の月の八白土星の日

太陽はMCと合ですがノーアスペクト