春分点・vernal equinox

春分、春分の日の太陽の位置について。

春分の日 vernal equinox day

太陽が春分点と重なる日。

昼と夜の長さがほぼ同じになる。北半球では昼の時間が増えていき夏に、南半球では夜の時間が増えて冬へと向かう分点の日です。

二十四節気など世界中の暦でも春分の日として重要視されています。

春分点を太陽が通過する瞬間を含む1日が春分の日となっていますから、時差や1日の始まりが国や暦の定め方によって異なることもしばしばあります。

気学では23時子の刻から新しい日が始まると考えています。

春分点 vernal equinox

天文学や占星術で使われている基点の一つ。

暦でも使われていますね。

天の赤道と黄道の交点の一つ。緯度経度の座標の原点、0°として扱われる昇交点です。

  • 地球の自転を軸にした、赤道座標面が天の赤道。
  • 太陽年や恒星日の基準としても使われます。
  • 占星術では、実際の星座を起点にしたり、いろいろな春分点の考え方が存在しています。(インド占星術など)
  • 黄道は、太陽の平均的な通り道の軌道。太陽系のほとんどの惑星はこの黄道面を回っています。

春分点は赤経0時かつ黄経0度を太陽が通過する瞬間のポイント。この瞬間を含む1日が春分の日になります。♈️で顕されますが、実際の天星座のおひつじ星座とは異なり、歳差運動によって銀河系全体での位置は少しずつ移動しています。

春分は、北半球と南半球の季節が入れ替わる中間の時で、昼と夜の時間がほぼ等しくなり、北半球はここから夏へと向かいます。

地心黄道座標
日心黄道座標
  • 太陽の通り道、黄道面を基準とした黄経は赤経と同じく東回り。
  • 座標の原点を太陽中心でとったものを日心黄道座標。
  • 座標の原点を地球中心でとったものを地心黄道座標。

天の赤道と黄道の傾きの角度は23.4°。天体の影響を受けて多少の変動はあるようです。傾きが急になると季節の差が大きくなると考えられています。

歳差運動、厳密には赤道の歳差と呼び、地球の自転軸が黄道の極に対して約23.4°傾いたまま、自転とは逆向きに周期約25,800年で回転します。

参考資料:・アストロアーツ天文の基礎知識 ・国立天文台:天文学辞典 他

#四季八節  星学び・astrology&more