満月:感じて来たことを理解する

Moon reading

何を感じて来たのでしょう?

蠍座に移行する直前、天秤座で迎えた満月

(2019/04/19 20:12 JPT)

令和という新しい時代へ向けて準備が始まり、平成の名残を整理していた2週間でしたね。

寒の戻りを繰り返しながらも、初夏を思わせる日があったり。寒暖差が身にしみ体調を壊した方も多かったと思います。

感情の扱い方がテーマのひと月の中、満月は何を気づかせてくれたでしょうか。

新しい時代に持ち越さず、今のうちに解決しておく必要のあるものが、自分の内側に見つかったことでしょう。

出来事は、気づきのためのトリガーでした。

幼い頃から身について、取り巻く環境の中で自分を守るための術(すべ)として得て来た情報や知識に縛られ、健全な精神を犠牲にし、気づかぬうちにあたりまえだと思い込んでいたもの…

それが刺激されて、あるべき姿に立ち返りたいと、気づいて欲しいと様々な形になって現れていたことでしょう。

ある人は今までやったことのないような喧嘩をし

ある人は限界を感じ転職を決意し

ある人は社会への不満や憤りを…

大丈夫だと言い聞かせていたことがうまくいかなかったり

今までやったことのない行動をとり

自分で驚いていたかもしれません。

嫌なことばかりではありません。

誰かの思いやりに触れ優しい気持ちになれたり

思いがけないところに愛を感じ感謝でいっぱいになったり。

本当は、急に変化したのではなく

ずっと前からわかっていても、そのままにしていたこと。

満月を迎えるまでを少し振り返ってみてください。

集中し深く掘り下げて、出来事の奥底、背景に潜む気づきの種子を見つけましょう。

わずかな知識や経験だけで雰囲気に流されて行動していると、後悔するかもしれません。

ありがちなのが、自己過信で決断をすること。

自分の能力を発揮する時ですが、会社や企業の看板や肩書きが自己評価を高めていた世の中に、裸一貫で立ち向かう心構えとでも言いましょうか。

包まれていると気づかない大きな力への敬意と感謝を忘れずにいたいものです。

「正しい自己評価が出来ているか」を無視していると、しばらくは空回りして迷走し苦労するでしょう。

冥王星と土星がぎゅっと手綱を握っているのです。

飼い犬がリードに繋がれている感じですかね。

それとも、孫悟空とお釈迦様みたいな感じ?^^

社会性、全体との調和を欠いた行動は制御されてしまいます。

自分が自分らしく能力や才能を発揮できる場所はどこかを理解し、新しい時代にどのように生かしていくかを、次の新月までに整えていく時間です。

自分に対する理解を深め、周囲の人々との真の共感を得て進む。

精神的な縛りから解放され、気を使っても自分を失わず、夢や憧れを胸の内に育みながらチャレンジして行く。

意識を高いレベルに引き上げ、視野を広げ、見えてくる可能性に飛び込んで行きましょう。

幸せは誰かがくれるものではなく、自分で見つけて行くものだから、自分で諦めてしまわない。

邪魔をしているのは、自分の過去に負った心の傷なのに、痛いのが嫌で目を向けないままになっていると、「気づいて!」と余計にチクチク刺激されていきます。

「痛いの痛いの飛んでいけ〜!」

子供達がそれだけで痛みを忘れてしまうように、

自分自身の痛みにも気を向けて、痛みを忘れてしまえるように思いやってくださいね。

あと数日で「令和」を迎えます。

心の内、足元や身の回りを確かめながら、夢と希望を胸に抱き次へと踏み出して行きましょう。

次の新月までは、

思いと行い

他者から学び、感じ取り

情報や価値観の再構築

自分の可能性を阻む傷を癒し

内面を調和させ

自分自身が守り育てる価値あるものを輝かせ

大切にしてゆくひと月です。

新月:ゆく春を味わいながらより)