立春2019

2月4日、八白土星の1年が始まりました。

去年九紫火星の中で、人々が見極め。気づいてきた未来へのビジョン。

それに合わせて変化していく1年です。

セクハラ、虐待、権力に奢った暴行や怠りの露見。

モラルが問われるような出来事や衝動的な殺人事件なども目立ち、精神的な根本に問いかけられる出来事が多かったように思います。

なりすまし詐欺や国際ロマンス詐欺など、心の隙間に入り込む犯罪も国際化していますが、規則や法律で縛ることでだけでは解決しないでしょう。

昨年の出来事や気づきは、今の社会のコミュニケーションのあり方を見直すきっかけ。目立たないことでも、その役割を担っているかもしれませんね。

今年は八白土星の年

今年は、平成最後の年であり、新しい元号が動き出す年。

それだけでも大きな変化ですが、より良い形を模索しながら世の中全体が変化していく1年です。

『自分の身の回りだけ良ければなんとかなる』なんてことは、もともとうまくいきませんが、今年は特に注意していないと変化の波に巻き込まれて足元をすくわれたりも…。

気を抜いて浮かれていたり、際限なく欲張ってしまう事で、成るべきものも成らなくなってしまいがちです。

何が変わろうとしているのか、何を変えるべきなのかを見極めて大吉。

天意に立って考えてみる。「神様だったらどうするだろう?」ってことですね。

過去のハ白土星の年を追ってみても、様々な形で革命や改革が実行され世の中が変動の中に戸惑いながらも変化しています。

八白土星には相続とか引き継ぐという象意があります。

子や孫、次の世代へと交代していく時なのです。

昭和から平成は二黒土星の年に移り変わっていきました。

昭和も二黒土星で始まりましたから、じっくり腰を据えて蓄えてきた昭和という時代の本質を、あまり変えることなく整えるために移り変わっってきたと言えるでしょう。

新しい元号で動き出す日本社会は次へと繋ぐ、まさに世代交代です。

大きな変わり目は、やはり5月(年月同会)。

人への思いやりや気遣いが見直されることで、企業や社会が良い方へと動き出していけます。

偏った強い思い込み、自分らしさを勘違いなど、自分の殻に閉じこもったり自己満足しているだけで、社会とのつながりを無視していると、家族や身内に対して傲慢になったり押し付けてしまったり。後にそれは違うということを思い知るかも。

横(人と人)も縦(世代や時代)も今の現実を作り出す要素です。

恐れや不安、感情的な嫌忌などは、繋がりを絶ってしまう原因にもなり、負のスパイラルに囚われてしまいます。

変わらないわけにはいかないのです。

変わることで何かを得る。

何を変えるかは立場や環境によって一人ひとり異なります。