新月:心に思うよりも感じていることが大事

蟹座で迎えた新月・皆既日食 2019/07/03 (JPT)

新しい繋がりの中に自分の居場所が見つかる 

長年積み重ねて来たものも初めて体験することも 

老いも若きも互いを尊重して 

今、只今感じるものと照らし合わせて…  

目くじらを立てて正義の名の下に息巻くことよりも 

騒ぎ立てて弱さや痛みを訴えることよりも 

心の奥底の繊細な思い気づかずに

やり過ごしている不安や不満 

目に見えない意識の世界に潜んでいる足りないものへの理解

眠っているものの目覚め 

曖昧でなかなか掴みきれない大切なものに気づき

今、何が本当に必要なのかを知る。 

真理を知り 自分を落としめ引きずり下ろす負のエネルギーは

笑い飛ばしてしまおう。  

「嫌な感じ」とは「思い」のことかもしれない。 

チクチク、ピリピリ感じても

嫌かどうかは本人次第。

平気な人もそうでない人もいるけれど

何かがそこにあるのは事実だろう。   

荒ぶる人々も口をつぐみ何もしない人々も

心の奥底で知って知らずして願い求めるものは

心やすらかな平和な世界。 

表面的な言動に振り回され

強い思い、念に引きづられ惑わされるのではなく 

その願いの誠は何かどこから湧いてくるのかを知る術(すべ)を学ぼう。 

他人の助けは得られても迎合するばかりでは自分を見失ってしまう。

自らの意思を持ち諦めずに時が至るまで

しっかりとセルフコントロールすること。 

目的は次へと繋がる光の種子を育むことにあるのです。 

自己保身のためには役立ちません。 

大切なものを育むために必要ならば

目の前の意に添わぬ出来事も笑ってやり過ごせるよう

自己をコントロールする。 

高い先を見越した視点が必要になってきます。  

自然の法則は清らかな新しい流れで世界を満たしているけれど 

人々にはそれがわかっていない。 

立ち向かうものではなく

受け入れて感じ取り 

そこから答えを導き出す。  

この地球(ほし)と繋がり共に暮らして行く為には 

過去・現在・未来へと流れゆく時を感じ変化の先を見通し 

これから必要となる長い年月を厭わず

今に活かすための豊かな感受性が必要です。    

良いことばかりではなく

決して楽な道ではないでしょう。 

しかし、ただ耐え忍ぶのではなく

楽しみに笑い飛ばしながら 

そんな心のゆとりを持てるように願いを託し

不幸な出来事も乗り越えて行く。  

目に見えない成果が大きな価値を持つのです。   

目先の出来事の中に未来の光を見つけ

歌い踊り愛でながら

みんなで育てて行く新しい流れが始まりました。 

今ここに何があるのか?感じてみることが大切なひと月です。